忍者ブログ

普通に生活していて、普通に驚いた出来事。

22
Wednesday
August
2018
ないものはない!お買い物なら楽天市場
結婚式場は相談して探す CRAS(クラース)ウエディングサロン
訳あり家具アウトレットセール開催中!
沖縄格安リゾートホテルならこちら
1日で必要な量を増やす『人工毛植毛』ニドー植毛相談所
高機能レンタルサーバーheteml

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08
Wednesday
June
2011
ないものはない!お買い物なら楽天市場
結婚式場は相談して探す CRAS(クラース)ウエディングサロン
訳あり家具アウトレットセール開催中!
沖縄格安リゾートホテルならこちら
1日で必要な量を増やす『人工毛植毛』ニドー植毛相談所
高機能レンタルサーバーheteml

世界遺産に登録されている清水寺(京都市東山区)で、江戸初期に再建された国宝・本堂の「清水の舞台」を支える柱78本のうち12本にシロアリ被害などが発生していることが7日、わかった。

同寺は現在、本堂を含む建造物9棟の「平成の大修復」を行っており、その過程で判明した。倒壊の危険はないが、東日本大震災などを踏まえ、柱の補強など修復計画の変更も検討している。

清水寺によると、異変がわかったのは平成21年秋。寛永10(1633)年の本堂再建以来、380年近くにわたって本堂と舞台を支え続けてきた直径60センチ以上の欅(けやき)の柱12本がシロアリや湿気の被害で腐食したり、大人の腕が入るほどの空洞が開いていたりする可能性が目視調査などで指摘された。

今後、柱のX線撮影などを行い、被害状況を詳細に調査。被害箇所を取り除いて新しい材料で継ぎ足す「根継ぎ」などの対策が必要と判断されれば修復計画の変更もあり得るという。

専門家らによると、根継ぎを行うには周辺の柱も含めて地面から浮かせる必要があり、その場合は参拝者の安全に配慮して拝観経路の変更が必要になる事態も想定される。

同寺の森孝忍・法務庶務部長は「参拝者に迷惑をかけるのは心苦しいが、いずれ手を打たなければならず、できればこの機会に柱の補強も行いたい」とするが、費用の大幅アップは確実で、「文化庁との協議が必要で簡単に決められない。頭の痛い問題」と話す。

「平成の大修復」は本堂をはじめ奥の院や釈迦堂など境内の国宝、重要文化財の計9棟を対象に、20年度から30年度にかけて実施。総事業費は約40億円で、このうち文化庁が55%を補助することになっている。

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
最新記事




次期ミニはセンターメーターじゃない!? 忍者ブログ 
[PR]